記事一覧

目的に応じて

男性

有効的な活用を

土のう袋は、工事現場や災害時などでよく目にします。大規模なエリアで使用する場合は、たくさんの土のう袋が必要となることでしょう。また、水害に備えて土のう袋に土を入れて、保管しておく事も考えられます。そして土のう袋は、会社だけではなく一般の人も使用する機会があります。ここでは、どのような土のう袋を購入すれば良いのか説明していきます。まず、土のう袋には耐久性に応じて種類がある事を知っておきましょう。通常は、屋外で使用されることを想定して、紫外線や外気に強い素材が使用されます。耐久性の良い商品は、3年以上保証される場合が多いです。もちろん、1枚当たりの購入価格も上がっていきます。また土のう袋は、10枚単位や100枚単位で購入するケースがほとんどです。大量に購入する事を検討している場合は、必ず複数の販売業者を比較してから購入するようにしましょう。土を入れる量によっても、土のう袋の選び方は変わります。20kg程度で良いのか、あるいは50kg近くまで土を入れる必要があるのか迷う場合は、使用目的を明確にすると良いです。また、土のう袋を人の手で運ぶことが多いと考えられますので、必ず作業の仕方も把握しておきましょう。最近では、手提げバッグのようなタイプも販売されております。主に河川敷などでせき止め用として活躍するタイプです。従いまして、主に企業や自治体レベルで災害対策を検討している場合に、お勧めしたいタイプです。